合田 洋 (校長 PGAティーチングプロA級)

合田洋ゴルフアカデミーインストラクター 合田洋 写真2

プロフィール

1964年10月10日生まれ。1984年、日本プロゴルフ協会(JPGA)プロテスト合格。1987年、下部ツアーで初優勝し、ツアーシード権を得る。その後もツアー優勝を目指して参戦を重ねました。1994年、日本プロゴルフ選手権にて当時無敵を誇ったジャンボ尾崎との熱戦の末、辛くも逃げ切り国内メジャートーナメント初優勝を手にしました。極度の緊張下、最終日最終ホールのバンカーからパターを使った勇気あるチップショットは伝説となっています。

同年、4大メジャー大会・全英オープンに出場、更に米国で開催されるワールドシリーズの出場権を得て、翌1995年、日本代表として盟友・佐々木久行(故人)と共にゴルフ・ワールドカップ(WCG)に出場し団体3位の好成績を修めました。その後、2006年までシード選手として日本ツアーに参戦。合田プロのツアー参戦は22年間に及びました。

 

 

仲間 裕一 (インストラクター PGAティーチングプロB級)

毎週月、火、金、土、日、と木曜日(夜)と祝日(終日)が担当です♪
合田洋ゴルフアカデミーインストラクター 仲間裕一 写真1

プロフィール

1981年7月22日生まれ。父親がプロゴルファー(日本大学出身)で、母親も大学のゴルフ部出身(亜細亜大学出身)ということもあって、ゴルフには幼少の頃から親しんでいました。これからのゴルフはパワーゴルフだという父親の薦めで子供の頃から野球を嗜み、進学は野球の名門・土浦湖北高校へ。高校球児として3年間をすごしました。高校卒業後、茨城県の名門ゴルフ場・大利根カントリークラブに研修生として入社し、2012年3月、プロとして転身しました。

とても優しい仲間プロのレッスンは、お客様から「みるみる上達する」と大変評判です♪

 

中村 祐子 (インストラクター LPGAトーナメントプレーヤー)

毎週水曜日&土曜日担当です♪
合田洋ゴルフアカデミー インストラクター 中村裕子

プロフィール

1991年に日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストに合格し、同年より17年間に亘ってツアーを転戦しました。主な戦績は1994年 再春館レディース8位、1997年 穴吹工務店レディースカップ優勝、伊藤園レディースゴルフトーナメント5位、雪印レディース東海クラシック7位など。

女子プロツアーで培った実戦経験を生かした分かり易いレッスンが好評。レッスンの展開が優雅で美しい女子プロです♪ 彼女の優しく熱意あるレクチャーで、ゴルフ本来の楽しさを再発見してください。

 

新妻 一俊 (インストラクター PGAティーチングプロC級)

ラウンドレッスン担当です♪
合田洋ゴルフアカデミー インストラクター 新妻一俊

プロフィール

1971年12月7日生まれの新妻プロは、日本大学を中退後1992年からアジア各国を転戦するアジアツアーで腕を研き、1999年に日本プロゴルフ協会プロテスト合格後、日本ツアーに参戦を重ねました。主な戦績には、福島オープン(現スリクソン福島オープン)での優勝があります。

日本ツアー参戦中には並み居る飛ばし屋のなか、イーグル奪取率で高い成績を修めました。下半身リードの飛ばしのテクニックを語らせれば、新妻プロの右に出るプロゴルファーはいないでしょう♪

 

清水 一浩 (インストラクター PGAトーナメントプレーヤー)

毎週木曜日担当です♪
IMG_2746

プロフィール

1972年3月6日生まれの清水一浩プロは、ショートゲームの達人として、ツアートーナメントに名を馳せているプロです。
主な戦績としては、2005年のPGMシリーズ阿見チャレンジ(チャレンジトーナメント)で優勝し、チャレンジトーナメントランク5位の資格で、2006年ツアー前半戦の出場権を獲得しました。そして迎えた2006年。ツアー2戦目の「つるやオープン」で単独3位に入りました。
結局その年は、惜しくもシード権奪取には至りませんでしたが、その後も清水プロのツアー挑戦は続きました。そして、2012年には道東オープンで優勝を遂げ、その確固たる存在感を示しました。
理論派で通る清水プロの教えを請いに、今でも多くのツアープロやアマチュアの方々が訪れています。

法政大学出身で身長184㎝の清水プロですが、優しさ一杯の茨城訛りがとってもキュート。主な著書に『パットの正解=西東社』があります。

お気軽にお問い合わせください。03-5542-0367受付時間 9:00-22:00

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。

体験レッスン

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena