合田洋の「おもい」 スタジオの「おもい」

こんにちは、合田 洋です。職業はプロゴルファーです。

どうやら日本にはゴルフを始めたいという若い方は意外に多いようですね。一方、「どう始めたら良いか判らない」とか「どんな準備をしてゴルフ場に行ったらよいか判らない」、なにより「どう楽しんだら良いのかが判らない」、「何が面白いのか良く判らない」など、ゴルフを始めるための“そもそも”に悩んでいる(躊躇している)方も多いようです。既にゴルフに親しんでいる方でさえ、実際には「自分はゴルフの本当の楽しみ方を知らないかも・・・」などと自問している方が多いとも聞きます。

私の場合、ゴルフを始めてから35年以上、プロテストに合格してからも30年以上が経っておりますが、まだまだ面白いどころか、面白い以前に、まだまだ探求すべき要素にあふれていると、プロゴルファーの私でさえゴルフクラブを持つたびにワクワクする心を抑えることができません。不思議ですよね。歴史にゴルフというスポーツが興ってから長い年月が経ちますが、かつてのイギリスでは、あまりにも多くの民衆がゴルフに興じてしまったため、国王がゴルフ禁止令を発布したことが文献に残っているほど、ゴルフの“本当の魅力”は底が知れません。

長い歴史を経て今もなお世界中の多くの人が魅了され続けている『ゴルフの魅力』をお伝えしたい。それが私の「おもい」であり、それが「プロゴルファーの使命」だと思っております。

プロゴルファー 合田 洋

GohgAでゴルフを学ぶみなさんへ

練習やラウンドのなか、ご自身で“開眼”を来すと言える“部分的なメソッド”(ここでは「気付き」)には、ちゃんとした意味がなければいけません。それぞれのメソッド(方法)や考え方(気付き)は“バラバラ”ではいけないということ。それは『ポスチュア』や『グリップ』、『アライメント』など、【アドレス】のカテゴリーのなかに見出した“なにか”にさえ、それぞれが論理的な統制と繋がりを持っている必要があるということです。つまり、スイング全般のなかに存在するメソッドには、同様に、全てのメソッドがしっかりとした繋がりを持っていることが大切なのです。

メソッド。端的に言えば、いわゆる“方法”です。昔も今も“開眼”とか“打法”とかいった表現が用いられているようです。わかり易く言えば「こうすると上手くいく」といった、言わば“個人的な応用”だと言えるでしょう。私の考え方では、【百人のゴルファーが居れば百通りの打ち方(打法・方法・やり方)が存在して然るべし】というものですが、そこには【基本を踏まえていること】という大前提があります。

そもそも私は、人を“形にハメる”ことが大嫌いで、ひとつの形にハメこんでしまうと、その“個人の持っている力”が消えてしまうとさえ思っています。

事実これまで、たくさんのプロゴルファーが自分を何かの形にハメることで、または何らかの形にハメこまれてしまったことで、ツアーという大舞台から消え去っていく姿を、それこそ幾人となく私自身の眼で見て参りました。だからこそGohgAのレッスンでは、「基本をレクチャーしていくなかでプレイヤーの気付きを促す」というスタイルを重視しているのです。

導入機器紹介

スウィングを作る

ゴルフでは、いかなるレベルのゴルファーであっても“スウィングを作っていく”ことは大切です。それはゴルフの醍醐味だとさえ言えるでしょう。

初心者から世界のトッププロまで、レベルの差はあれど“スウィングを作る”という目標を持って、自分のゴルフを向上させたいと願っているのです。

スタジオエリアすべての打席に導入されているスウィング解析機「REC・CHECK」。簡単操作で自分のスウィングを毎ショット毎ショット確認させてくれます。

スタジオエリアすべての打席に導入されているスウィング解析機「REC・CHECK」。簡単操作で自分のスウィングを毎ショット毎ショット確認させてくれます。

スタジオエリアに設置されている「REC・CHECK」は、1ショット毎にスウィング動画を撮影&再生してくれる優れたスウィング解析機です。インストラクターの視点での指摘に対して自分の視点でも常に確認ができるので、「スウィング作り」にスピード感を与えることができます。私自身が、長年にわたるレッスン経験とツアープロである自分自身の経験から厳選させていただいた機材です。

初心者からアベレージプレーヤー、もちろんツアーを目指すアスリート系プレイヤーまで、幅広い有用性を備えている「REC・CHECK」は、あなたのスウィング作りをしっかりとサポートしてくれることでしょう。

ポテンシャルを上げる

自分の打球そのものに、なにが足りなくて、なにが過剰に反応しているのかを知ることは、ツアーで戦うプロゴルファーであれアベレージプレーヤーであれ、とても大切なことです。まずは自分自身の球質を知り、そのポテンシャルを如何に向上させていくのかを考えていくことも、ゴルフ上達のためには不可欠なことだと言えるでしょう。

クリニックエリアに導入されている弾道解析システム「GC2」。ポテンシャルを改善するためのスウィングレッスンに活用されています。

クリニックエリアに導入されている弾道解析システム「GC2」。ポテンシャルを改善するためのスウィングレッスンに活用されています。

ヘッドスピードが速いのに“なぜ飛ばないのか”、どういう高さでどういう弾道のボールが打てればよいのか、球筋を安定させるためには“どうすればよいのか”。クリニックエリアに設置されている「GC2」は、室内に於ける弾道解析機器として、少なくとも現在は世界最高峰の機材です。このエリアでは、この「GC2」を使って計測した数値、また、画像として映し出されてゆく弾道を分析して、「スウィング作り」をおこなっています。

そもそもあなたは、ご自分の本当の飛距離をご存知ですか? 仮に飛距離アップを望んでいたとして、自身の本当の球質や本当の飛距離を知らずして、実際に、本当に飛距離が伸びるのか否かをここで述べる必要はないでしょう。

private-space

クリニックエリアは、クラブフィッティングやボールフィッティングでも活躍しています。クラブでお悩みのお客様には、じゅうぶんにご満足いただけるサービスもご用意させていただいております。

アウトドアエリアへGO!

練習場での練習が、研鑽の場であり、研究の場であり、準備の場であるならば、ゴルフ場でのラウンドは、表現の場であり、発表の場であり、飛翔の場だと言えるでしょう。

「GohgAのアウトドアレッスン」は、初心者レベルのかたから、アベレージクラスのかた、また、アスリート系ゴルファーのかたに対してのコースまで盛りだくさん。どんなかたにも御満足いただけると自負しております。

多くのゴルフ場の賛同を得て、GohgAは、多くのゴルフ場と御提携させていただいておりますが、それは多くの皆さんにゴルフの本当の楽しさを御伝えするために我々プロゴルファーが存在しているという確固たるポリシーを持っているからかもしれません。

GohgAのインストラクター陣は、全て「PGA of JAPAN」のメンバーであり、そのなかでも私が厳選させていただいた、プロゴルファーと呼んで憚るところのなにもないプロゴルファー精神に富んだ人材ばかり。それは、「プロゴルファーたる者はゴルフの伝道師たれ」という我々の合言葉が示すところに御座います。

一度お受けいただければ、「GohgAのコースレッスン」が、ただ楽しいばかりではないことを実感されることでしょう。なぜならGohgAのインストラクター陣は、誰よりもゴルフの魅力を知っているから。自分自身のゴルフを昇華させるために、正しいプロゴルファー精神を持ち続け、長年にわたってゴルフを学び続けたプロゴルファーは、ゴルフに於ける経験値が非常に高く、また、アマチュアゴルファーの方々に心から優しく接する力を持っています。それがGohgAのクオリティでもあるのです。

プロゴルファーの愛情あふれるゴルフレッスンをGohgAで体験してみませんか?

outdoor-lesson

※アウトドアレッスンは合田洋ゴルフアカデミー内掲示板にて御案内しております。

お気軽にお問い合わせください。03-5542-0367受付時間 9:00-22:00

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。

体験レッスン

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena